Foyer style Fan.

ホワイエスタイルファン。アジアと花のあるくらし。
このサイトではホワイエがつながっているアジアの”くらし”をご紹介します。
文化、習慣、伝統などにそれぞれ花のある”くらし”があります。
ぜひ皆さんの毎日”くらし”を彩る方法の一つとして、ホワイエスタイルのファンになってみませんか?

株式会社ホワイエは海外から直輸入で花に関わる様々な商品を販売してきました。
そして現在グループ会社である第3世界ショップ、そしてコミュニティが抱える課題を国境を越えて共に学び高めあいならが解決を目指すネットワーク
【CWB(Community network Without Border)】とつながり、現地の素材を活かした商品開発を一緒にしてみたり、輸入し販売してきました。

実はそのやりとりの中から現地のメンバーだからこそ伝えられる知らない面白い情報がいっぱいあり、
私たちだけ知っていてはもったいないのでぜひ皆さんへご紹介させてください!

CWB NEWS

楠クリーン村:茶収穫準備
with コメントはまだありません

⇒ 楠の花はこちら こんにちは。最近釣り道具を購入し、独りで過ごす休日にさらなる … Read More

フィリピン・サライ「野菜を植えよう」の続報。
with コメントはまだありません

⇒ フィリピンの花はこちら その野菜はローカル名で「アンパラヤ」であり、一般的な … Read More

カンボジアのカシューナッツ事業
with コメントはまだありません

⇒ カンボジアの花はこちら 今日から、プーンアジではカシューナッツの仕事が始まり … Read More

インドの花屋
with コメントはまだありません

インドでは、結婚式で使用する人々のために花を使ったり、人々が神々に捧げるために数種類の花を使用しています。また、アジアの国々のように花を身に着けている文化は同じで、インドでも有名です。

ミャンマーの花屋 byアサ
with コメントはまだありません

ミャンマー北部のミッチナーの花屋について1つご紹介します。
彼女は私が小学生の頃から毎朝、市場で花を売っていて、私の家の近くに住んでいます。
毎朝早朝5時頃に歩き、彼女は大声で叫び、市場に行く途中で花をいっぱい売るためによく歌います。彼女の声で私はいつも目覚め、勉強を始めることを私に思い出させてくれていました。それは10年よりずっと前のことです。彼女は花屋として子どもたちを育てました。

煎茶の工程(ミャンマー)
with コメントはまだありません

ミャンマーからは、楠からの技術移転で始まった煎茶造りの続報です。一人一人が手揉みの具合を競いながら、試作品を茶農家に見てもらう。最適な温度で手揉みするために焙炉を改善する…。日本の煎茶をそのまま再現するのではなく、ミャンマーの風土と好みにあったSENCHAを作り上げる努力が続いています。今回は協力してくれているウーさんの茶園の様子も写真で送られてきました。日本の茶園との違いも注目です。

CWB MAP

1 2 3 4